目黒区の粗大ごみの処分方法と不用品回収業者を利用する

地域別

●目黒区

具や家電などの粗大ごみのご処分でお困りではありませんか?突然のお引越しなどで、冷蔵庫や家具など、どのように捨てればよいか分からず、慌ててしまう事もあります。
このページでは、粗大ごみの捨て方を以下のパターンに分け、実際に目黒区ではどのように捨てればよいかを、わかりやすくまとめます。自分で粗大ごみ処分するのには、どのぐらいの手間と時間とお金がかかるかが分かります。
ただし、忙しい社会人の方に一つ要注意していただきたいのは、市町村のゴミ処理場や、粗大ごみの回収サービスは、「土日に営業していないことがほとんど」という事です。
お時間や手間が面倒という方は、まとめて当社のようなリサイクル業者に依頼することも可能です。

1.粗大ごみと思えても、実は「燃えないゴミ」で捨てられるもの

目黒区の粗大ゴミの定義

一辺が概ね30センチメートル以上のごみ。
電子レンジの処分にお困りでも、市町村の粗大ごみの定義を調べてみてください。粗大ごみの定義が「50㎝以下の物」である市町村の場合、電子レンジは「燃えないゴミ」で普通のゴミの日に捨てることができるのです。カラーボックスなど軽い家具であれば、壊して「燃えるゴミ」に出すことも可能です。

2.納付券を貼ってゴミ置場に捨てる

有料・事前申込制で「目黒区粗大ごみ受付センター」で受付けています。申込みの際に、収集日と金額を教えてもらえます。収納家具類はサイズ(縦、横、奥行のうち長い2辺の合計)によって処理手数料が異なります。事前に寸法を確認してからお申込ください。
申し込み先:電話によるお申込み:03-5715-0053
受付時間 月曜日から土曜日の午前8時から午後7時。祝日も受け付けています。日曜日と年末年始(12月29日から1月3日まで)はお休み
インターネットでのお申込み。
手数料は、粗大ごみの種類によって金額が違うので、金額にあわせて目黒区の「有料粗大ごみ処理券」を購入します。
収集日の当日、朝8時までに、粗大ごみ処理券を貼った粗大ごみをご自宅の前に出しておきます。
詳しくは目黒区のホームページでをご覧ください。

3.市の清掃施設に直接搬入する

持込による粗大ごみの受付は行ってません。

4.自宅まで戸別収集してもらう

2と同じ方法

5.処理方法が違うリサイクル家電(冷蔵庫、洗濯機、テレビ等)に注意

冷蔵庫(冷凍庫)、洗濯機、衣類乾燥機、テレビ、エアコンのリサイクル家電は、市のゴミ処理場では処分できません。家電リサイクル法で、メーカーが回収し、分解し中で使われている銅などのレアメタルを資源としてリサイクルしなくてはいけないというルールがあります。パソコンも「資源有効利用促進法」に基づき、メーカーによる回収が行われています
郵便局や大型スーパーなどで「家電リサイクル券」を購入し、以下の持ち込み場所まで持ち込む必要があります。ネットで購入することも可能です。
料金はメーカーによっても異なりますが、参考程度に以下のような金額の場合があります。

持込場所

持ち込み場所:
岡山県貨物運送株式会社京浜支店
 所在地 東京都大田区平和島二丁目1番1号京浜トラックターミナル10号棟
 電話番号 03-3762-8261

日本通運株式会社大田区取扱所
 所在地 東京都大田区本羽田三丁目20番20号
 電話番号 03-3742-7411

有限会社東南たつみ流通
 所在地 東京都世田谷区喜多見一丁目13番2号
 電話番号 03-5727-1425
目黒区のホームページをご覧ください。

6.市町村で捨てられない項目

エアコン・テレビ・冷蔵庫等・洗濯機等(家電リサイクル法対象品目)
家庭用パソコン
薬品類や引火性のある危険物、処理が困難なもの
目黒区のサイトをご覧下さい。

7.目黒区のリサイクルショップに売れるものは売る

8.当社の持ち込み処分、宅配回収サービス

当社では、捨てにくいテレビや、パソコンなどの家電や、雑貨を持ち込みでの無料回収、有料回収を行っています。詳しくは以下のページをご覧ください。

テレビ、パソコン、その他の不用品のお持ち込み処分ページ
らくらく家財便での液晶テレビの無料回収ページ
お持ち込みでの雑貨の無料回収ページ(海外途上国への寄付)
宅配での雑貨の無料回収ページ(海外途上国への寄付)

09.家具も家電もリサイクル不用品回収業者へまとめて依頼

こんなお悩みありませんか?

・重いものを運べない… ・引越しで車もない… ・粗大ごみの曜日も合わない… ・お片づけ作業が大変 ・家電リサイクルも面倒 ・処分と買取を同時に頼みたい

当社にお任せください!

8000円~の料金表単身引越30,000円軽トラック 25,000円遺品整理・お片付け2tトラック60000円オフィス店舗の片づけ

自治体のゴミの日のように、燃えるゴミと燃えないゴミの分別をする必要もありません。新聞紙や段ボールなどの紙資源、瓶や缶など、ペットボトル等の資源、そのほか生活用品はもちろん、まとめて袋に入れていただければ回収します。お引越し日が迫っていてお時間がない方も安心です。

10.目黒区のゴミ処理に関する豆知識

目黒区では、「M(目黒)・G(ごみ)・R(リデュース)100」と称し、全体のごみを減らすために、「1人1日100グラムのごみ減量」を目標にしています。
リンクはこちら。

webで見積りLINEで見積り
不用品でお困りの方お気軽にご連絡ください!
LINE見積もりお問い合わせ
無料お見積りはこちら

現在地:トップページエリア別